検索ノート(トップページ)

お知らせ

http://search.eipi.goopen.info『検索辞典』がメインテナンス中のため一時的にこのページに転送しています。復旧し次第元に戻します。ご迷惑おかけいたします。

牧村三枝子とは

牧村三枝子 とは
牧村 三枝子(まきむら みえこ、本名:千葉 美恵子、1953年12月21日 - )は日本の演歌歌手である。所属事務所はサンミュージックプロダクション。北海道美唄市出身。愛称は「ミーコ」。 北海道美唄市で炭鉱労働者の家庭で5人兄弟の末っ子として出生。中学校卒業後に上京、釣り具店に就職する傍ら、 1972年に入学したサンミュージック・タレントスクールを経て『少女は大人になりました』でRCAレコードよりデビュー。 1976年1月に放送開始のテレビドラマ「大都会-闘いの日々-」にレギュラー出演。3月、ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)へ移籍し同作挿入歌『赤堤灯の女』を発売。 1978年12月、所属レーベルで先輩歌手に当たる渡哲也のシングルリリース曲『みちづれ』を、牧村の強い希望によりカバー・シングルとして発売。その後同曲はオリコン週間シングルチャートで1979年4月30日付から1980年1月21日付まで38週連続で20位以内にチャートインするロングヒットとなった。

はてな検索: 牧村三枝子

牧村三枝子
一世を風靡した歌手

グーグル・アドセンス検索結果

再検索してみる(検索窓を新しく書き換えて再検索ボタンを押してください。)


検索ノート(クチコミ、動画、ブログ、ニュース等最新情報)

カスタム検索


牧村三枝子の話題 RSS

牧村三枝子に関する話題・口コミを募集しています。

『 牧村三枝子 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります


牧村三枝子の関連リンク集