検索ノート(トップページ)

お知らせ

http://search.eipi.goopen.info『検索辞典』がメインテナンス中のため一時的にこのページに転送しています。復旧し次第元に戻します。ご迷惑おかけいたします。

適応障害とは

適応障害 とは
適応障害(てきおうしょうがい、英: Adjustment disorder:AD)とは、はっきりと確認できるストレス因子によって、著しい苦痛や機能の障害が生じており、そのストレス因子が除去されれば症状が消失する特徴を持つ精神障害である。『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM)の『第4版』(DSM-IV)では適応障害として独立していたが、『第5版』(DSM-5)ではストレス関連障害群に含められ、他に急性ストレス障害や心的外傷後ストレス障害(PTSD)が含まれる。 ストレスへの正常な反応は、著しい苦痛を呈さない。また死別は適応障害ではない。他の精神障害に当てはまるときはそれが優先される。うつ病との判別がつきにくい場合がある。また適応障害が、正当な臨床単位であることを確立するデータは不足している。ストレスが原因で発生する身体的な異常は心身症である。 適応障害は自然軽快することも多い。治療には心理療法が推奨され、薬物療法は証拠の不足により避けるべきである。 症状 ストレスが原因で、情緒的な障害が発生し、それは抑うつ気分や不安などを伴うことが多い。

グーグル・アドセンス検索結果

再検索してみる(検索窓を新しく書き換えて再検索ボタンを押してください。)


検索ノート(クチコミ、動画、ブログ、ニュース等最新情報)

カスタム検索


適応障害の話題 RSS

適応障害に関する話題・口コミを募集しています。

『 適応障害 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります


適応障害の関連リンク集