検索ノート(トップページ)

お知らせ

http://search.eipi.goopen.info『検索辞典』がメインテナンス中のため一時的にこのページに転送しています。復旧し次第元に戻します。ご迷惑おかけいたします。

アクアマリンとは

アクアマリン とは
アクアマリン(Aquamarine)は、青色のベリル(緑柱石)である。名前はラテン語の「海水」を意味する語から。緑柱石のうち透明でスカイブルーの色調のものの宝石名。和名は藍玉もしくは水宝玉。エメラルドより低価格で市販品の多くは緑色から黄褐色の緑柱石を熱処理したもの。サンゴ、ブラッドストーンとともに3月の誕生石。主要原産地はマダガスカル、ブラジル、シベリア等。石言葉は「勇敢・沈着・聡明」。字義どおりには「海の水」を意味する。 色としてのアクアマリンも後述する。 宝石としてのアクアマリン 化学組成はベリル(Beryl)の主成分であるアルミニウム珪酸塩と、色の成分であるベリリウムでできている。結晶系は六方晶系、モース硬度は7と1/2。緑のエメラルドを熱処理によってアクアマリンの色に変化させる事が可能。 アクアマリンはその名の通り海の色をした宝石だが、海に投げ入れると瞬時に溶け込んでしまうと言われるほどで、その事から古いヨーロッパの船乗り達は、この石を海の力の宿ったお守りとして大切に持っていた。

グーグル・アドセンス検索結果

再検索してみる(検索窓を新しく書き換えて再検索ボタンを押してください。)


検索ノート(クチコミ、動画、ブログ、ニュース等最新情報)

カスタム検索


アクアマリンの話題 RSS

アクアマリンに関する話題・口コミを募集しています。

『 アクアマリン 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります


アクアマリンの関連リンク集