トップページ 音楽ダウンロード ショッピング 海外旅行国内旅行 転職 ゴルフ 携帯 ダイエット グルメ ファッション テレビ 映画 ネットビジネス 教育・学習 健康・医療 スポーツ


和製ポップスとは

和製ポップス とは
和製ポップス(わせいポップス)とは、欧米ポップスの影響を契機として日本人が作詞・作曲・歌唱した歌謡曲のジャンルの一つ。 1960年代には和製ポップスと同義語としてジャポップスという呼び名も使われていたが、すぐに使用されなくなった。 戦前から活躍していた服部良一の一連の作品がルーツであるとも云われているが、小林亜星は「日本のポップスの歴史は、戦前から戦後にかけて活躍した灰田勝彦さんにそのルーツをさかのぼる」と評している。より直接的には、戦後において戦勝国アメリカの消費文化への憧れの元に流行した「カバーポップス」を消化吸収する過程で生まれた。 和製ポップスの実質的な第1号として認知されたのはザ・ピーナッツの「可愛い花」(1959年)とされている。この楽曲以前にもポップス曲を歌う日本人歌手の事例もあるにはあったが、「ポップス」と言うジャンルはほとんど認知されていなかった。 1961年の坂本九の「上を向いて歩こう」(作詞:永六輔、作曲:中村八大)、1962年のザ・ピーナッツの「ふりむかないで」(作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰)前後から次第に認知されるようになった。

はてな検索: 和製ポップス

和製ポップス
リズムやメロディーに外国のポピュラーミュージックの要素を取り入れて、日本で作った曲。

和製ポップスの話題 RSS

和製ポップスに関する話題・口コミを募集しています。

『 和製ポップス 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

▼5段階評価

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります