トップページ 音楽ダウンロード ショッピング 海外旅行国内旅行 転職 ゴルフ 携帯 ダイエット グルメ ファッション テレビ 映画 ネットビジネス 教育・学習 健康・医療 スポーツ


映画音楽とは

映画音楽 とは
映画音楽(えいがおんがく)は、映画の中で使用される音楽。映画作品を通して貫かれている主題、登場人物の感情や性格、場面の状況などを、音楽という抽象的な表現形式によって視聴者に伝達する、重要な役割をもつ。 映画に音声がついたのは1920年代にトーキーが発明されてからである。しかし、それ以前のサイレント映画を上映する際にも、映画館内でピアノなどによる音楽を流していた。時には、予算のある映画の場合、オーケストラピットでフルオーケストラの伴奏がつくこともあった。世界で最初の映画音楽は1908年、サン=サーンスが『ギーズ公の暗殺』(L'Assassinat du duc de Guise、アンドレ・カルメット監督およびシャルル・ル・バルジ監督のサイレント映画)のために作曲した音楽と言われる。他にも、ショスタコーヴィチが1929年に『新バビロン』(Новый Вавилон)、エリック・サティが1924年に『幕間』(Entr'acte) を作曲するなど、初期の映画音楽はクラシック音楽の作曲家が主な担い手であった。

映画音楽の話題 RSS

映画音楽に関する話題・口コミを募集しています。

『 映画音楽 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

▼5段階評価

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります