トップページ 音楽ダウンロード ショッピング 海外旅行国内旅行 転職 ゴルフ 携帯 ダイエット グルメ ファッション テレビ 映画 ネットビジネス 教育・学習 健康・医療 スポーツ


シンフォニックジャズとは

シンフォニックジャズ とは
シンフォニックジャズ(英: symphonic jazz)は、ジャズ風表現を伴う管弦楽曲や交響曲などのクラシック音楽ジャンルのひとつ。 起源 ポール・ホワイトマン楽団が1924年2月12日にニューヨークのイオリアン・ホールで開いた「An Experiment in Modern Music」において発表されたジョージ・ガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』に対して、ジャーナリストが「シンフォニックジャズ」と名付けたことに由来する。ただし、ガーシュウィン自身は「Jazz Band and Piano」と呼んでいた。また、そのアレンジはホワイトマン楽団専属の作曲・編曲家ファーディ・グローフェによってなされたものである。 シンフォニックジャズの浸透 『ラプソディ・イン・ブルー』の成功により、シンフォニックジャズといえば1920年代のホワイトマンとガーシュウィンの共同作業によってなされた作品群をさすことが多いが、グローフェによる『グランド・キャニオン』もシンフォニックジャズ的作品といえる。

はてな検索: シンフォニックジャズ

シンフォニックジャズ
(symphonic jazz) シンフォニーで用いる楽器をそろえたオーケストラによるジャズ。交響楽的な楽器編成で演奏される。『ラプソディ・イン・ブルー』が最初とされる。デンヴァー交響楽団のヴィオラ奏者からポピュラ...

シンフォニックジャズの話題 RSS

シンフォニックジャズに関する話題・口コミを募集しています。

『 シンフォニックジャズ 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

▼5段階評価

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります