トップページ 音楽ダウンロード ショッピング 海外旅行国内旅行 転職 ゴルフ 携帯 ダイエット グルメ ファッション テレビ 映画 ネットビジネス 教育・学習 健康・医療 スポーツ


シティ・ポップスとは

シティ・ポップス とは
シティ・ポップとは、日本のポピュラー音楽のジャンルのひとつ。 主に1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップスを指す。ムード歌謡をよりポップで現代的にしたものや、高年齢層へのアピールを強く意識したソフトなロックなどの総称である。「和製AOR」などとも呼ばれる。 1970年代に日本で定着したシンガーソングライターというスタイルを取るミュージシャンのうち、フォーク寄りではなく、ポップ寄りのミュージシャンがこれにあたる。その多くがはっぴいえんどフォロワー(大滝詠一のナイアガラ・レーベル発、細野晴臣・鈴木茂のキャラメル・ママ→ティン・パン・アレーがバックバンド、松本隆の作詞やプロデュースなど)であり、彼らは1970年代末から1980年代初頭にかけて次々とブレイクしていった。 既存の「歌謡曲」「フォーク」が強く持っていた「歌」ではなく、「ニューミュージック」寄りの凝ったサウンド(ポップ・ロック、R&Bやジャズ、クロスオーバー(フュージョン)を前面に打ち出した音楽スタイルは、聴衆から非常に洗練された都会的なものと受け取られ、レコード会社もこれを既存のものとは違うものとして「都会のポップ=シティ・ポップ」という呼称でアピールを行うようになっていった。

シティ・ポップスの話題 RSS

シティ・ポップスに関する話題・口コミを募集しています。

『 シティ・ポップス 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

▼5段階評価

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります