トップページ 音楽ダウンロード ショッピング 海外旅行国内旅行 転職 ゴルフ 携帯 ダイエット グルメ ファッション テレビ 映画 ネットビジネス 教育・学習 健康・医療 スポーツ


こんぺいとうとは

こんぺいとう とは
『金平糖』より : 金平糖(こんぺいとう、コンペイトー)とは、砂糖と下味のついた水分を原料に、表面に凹凸状の突起(角状)をもつ小球形の日本の菓子。 金米糖、金餅糖、糖花とも表記される。語源はポルトガル語のコンフェイト(confeito)。金平糖はカステラ・有平糖などとともに南蛮菓子としてポルトガルから西日本へ伝えられたとされる。初めて日本に金平糖が伝わった時期については諸説あるが、戦国時代の1546年(天文15年)とも言われる。 製法 氷砂糖に水を加えて煮詰め、蜜をつくる。 回転鍋(その形から銅鑼と呼ばれる)を熱しながら、金平糖の核となるケシ粒(現在はザラメ糖が用いられることが多い)を入れる。 ケシ粒に熱い蜜を少量ずつかけ、回転させながら目的の大きさと凹凸状の突起ができあがるまで、1週間から2週間以上の時間をかけて粒をゆっくり成長させていく。この特徴的な突起がなぜ、またいくつ形成されるのかについてはまだ定説がないが、蔵本・シバシンスキー式 (Kuramoto‐Sivashinsky Equation) によって定式化が試みられている。

"こんぺいとう" - Google News

Akiko Yano's 1981 album Tadaima, co-produced by Ryuichi Sakamoto, to be reissued - Resident Advisor
Akiko Yano's 1981 album Tadaima, co-produced by Ryuichi Sakamoto, to be reissued Resident Advisor

こんぺいとうの話題 RSS

こんぺいとうに関する話題・口コミを募集しています。

『 こんぺいとう 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

▼5段階評価

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります