トップページ スポーツ用品格安通販
音楽 国内旅行 海外旅行 転職・求人 ゴルフ 携帯 健康・医療 ダイエット グルメ ファッション配信 テレビ 映画 教育・学習 ネットビジネス


ドッチボールとは

ドッチボール とは
『ドッジボール』より : ドッジボールまたはドッヂボール (dodgeball) は、子供の顔くらいの大きさのボール(多くはバレーボールなど)を使い、敵にボールをぶつけるスポーツまたはゲーム。多くは2つのチームに分かれて大人数で行う。漢字では避球又は飛球と表記するが、この表記はそれほどメジャーではない。主に小学校などで多く行われている。日本ドッジボール協会(JDBA)が設立されるまでは、スポーツというよりも、遊びの一つとして存在していた。そのため、様々なルールが各地の子供たち独特の感覚で決められ、近所の小学校であっても微妙な違いがあるなどした。 ドッジボールの名称は英語のdodge(素早く身をかわす)からきている。「ドッヂ」より「ドッジ」のほうが正確であるとされる(日本ドッジボール協会であるため)。 日本ドッジボール協会によれば、発祥はイギリスという説もあり、原型は1900 - 40年頃であるとされている。1909年(明治42年)、可児徳と坪井玄道によって円形デッドボールという名称で日本に初めて紹介された。

グーグル広告検索結果


おすすめ eBook (即ダウンロード&活用)

ドッチボールの話題 RSS

ドッチボールに関する話題・口コミを募集しています。

『 ドッチボール 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

※文字を[]で囲むと赤大文字になります
※文字を{}で囲むと黄色背景になります