トップページ スポーツ用品格安通販
音楽 国内旅行 海外旅行 転職・求人 ゴルフ 携帯 健康・医療 ダイエット グルメ ファッション配信 テレビ 映画 教育・学習 ネットビジネス


なぎなたとは

なぎなた とは
『薙刀術』より : なぎなたは、全日本なぎなた連盟が多くの薙刀術流派を統合し競技化した武道。 現代日本における代表的な武道の一つである。 一般に女性の武道というイメージが強いが、男性にも競技者が存在する。 薙刀は鎌倉時代から室町時代にかけて歩兵の主武器であり、薙刀術が生まれた。 戦国時代に戦術が発達した結果、個人の武勇よりも集団での効率性が重視され、振り回して使う薙刀より、穂先が軽量で部隊ごとの一斉突撃に向いた槍に取って代わられた。そのため、戦場では使われなくなった。 江戸時代に入り、戦場での有効性という観点が重要にならなくなると、「女薙刀」が発展し、男性の武術から女性の武術としての地位を確立した。稽古用の防具も製作され、剣術の竹刀稽古に相当する試合が行われるようになった。 明治時代には撃剣興行や異種試合で人気を博し、大正から昭和にかけて競技武道「なぎなた」として発展し、今に至る。第二次大戦前まで「剣に対する薙刀」として実施されていたが、現在は「なぎなた対なぎなた」として実施されている。

グーグル広告検索結果


おすすめ eBook (即ダウンロード&活用)

なぎなたの話題 RSS

なぎなたに関する話題・口コミを募集しています。

『 なぎなた 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

※文字を[]で囲むと赤大文字になります
※文字を{}で囲むと黄色背景になります