家庭医学・健康・医療 最新情報 教育・学習 音楽 国内旅行 海外旅行 携帯 ダイエット グルメ ファッション スポーツ 転職 映画 テレビ ゴルフ ネットビジネス




小児科とは?

小児科 とは
小児科学(しょうにかがく、英語: pediatrics)は、新生児から思春期(だいたい15歳、中学校三年生頃まで)を対象として診療研究を行う臨床医学の一分野。 対象年齢の区分 出生後から時期により以下のように分けている。 以後は「中学生」や年齢そのものでの区分、もしくは成長に合わせて思春期などの区分を用いる。思春期とは第二次性徴の始まりから終わりを指す。 小児科に受診する年齢は一般的に15-20歳程度までであるが、20歳以後も小児科特有の慢性疾患を有している場合、その疾患に関して小児科であつかわれることも多い。 もともと英語の「pediatrics(小児科学)」という言葉はギリシャ語の「paidos(少年)」と「iatros(医者)」という言葉に由来する。 一般的に知られている範囲では19世紀初頃より小児特有の疾患を診療研究する分野として内科学から発展分離していた経緯を持つ。 20世紀初頭には各国で学会も設立され独立した医学領域として確立してきた。 現在は外科など内科以外の科から小児疾患を扱うべく独立した小児外科、小児循環器外科(小児心臓血管外科)、小児整形外科、小児眼科、小児耳鼻咽喉科、小児泌尿器科を分科として扱う専門病院も日本国内に存在する。

グーグル・アドセンス


お役立ち情報【医療】

その他のカテゴリーはこちらから
『いーぶっくす』- 実用書ランキング!!

小児科の話題 RSS


『 小児科 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

※文字を[]で囲むと赤大文字になります
※文字を{}で囲むと黄色背景になります