家庭医学・健康・医療 最新情報 教育・学習 音楽 国内旅行 海外旅行 携帯 ダイエット グルメ ファッション スポーツ 転職 映画 テレビ ゴルフ ネットビジネス




国立病院とは?

国立病院 とは
国立病院(こくりつびょういん)とは、日本の厚生労働省が直接経営している施設等機関をいう。2004年(平成16年)以降には、その多くが独立行政法人国立病院機構に移行している。 国立病院は、太平洋戦争に敗戦した1945年(昭和20年)から、国立病院機構に引き継がれる2004年(平成16年)までの、約半世紀に渡って存在した(ただし、旧国立高度専門医療センターの施設については後に各組織ごとに法人化)。 国立病院の成立 1945年(昭和20年)の第二次世界大戦終戦に伴い、それまで大日本帝国陸軍が運営していた陸軍病院、同海軍が運営していた海軍病院、および軍事保護院は、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)に接収された。これらの病院は、同年11月19日付文書「陸海軍病院に関する覚書」によって連合国軍占領下の日本に返還され、厚生省に移管されることとなった。 ただし、そのときGHQから占領下の日本政府に対して、次のような覚書がつけられていた。それはすなわち、「日本政府は、日本陸海軍の全病院・療養施設の監督権を占領軍司令官より内務省が受領した際には、ただちに一般市民の医療に責任を有する厚生省に移管すること、及びこれらの諸施設において行う入院医療は、傷痍軍人及びその家族に限定しないこと」、というものであった。

グーグル・アドセンス


お役立ち情報【医療】

その他のカテゴリーはこちらから
『いーぶっくす』- 実用書ランキング!!

国立病院の話題 RSS


『 国立病院 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

※文字を[]で囲むと赤大文字になります
※文字を{}で囲むと黄色背景になります