海外旅行 最新情報 旅行オンライン予約 出張・チケット 国内旅行 ダイエット グルメ 音楽 転職 ファッション 携帯 テレビ 映画 ネットビジネス 教育・学習 健康・医療 スポーツ ゴルフ >

鉄道の旅の話題 RSS

鉄道の旅に関する話題・口コミを募集しています。

『 鉄道の旅 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

▼URL

▼メールアドレス(URL入力時のみ必須:非公開)

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります


エイビーロードからのお知らせ

バルト海の港町ロストックのクリスマスマーケット
ハンゼ・セイルの町も12月はクリスマスマーケットで賑わう 中世でハンザ同盟の町として栄えたロストック。バルト海に面した港町では西にヴィスマールが、東にシュトラールズントがある。その丁度中間にあるロストックは、ハンザの荷を積んだコッゲ船が停泊するのに好条件の港町だった。海賊の被害に悩まされていた時代、ロストックは川のように長い入り江の奥にあったため、船に荷を積んだまま安心して夜を明かすことができたか

チェコの世界遺産/プラハのユダヤ人地区「ヨゼフォフ」にある5つのシナゴーグをめぐる
プラハ歴史地区にあるユダヤ人地区 1992年に世界遺産登録されたチェコの「プラハ歴史地区」に含まれるのが、旧市街に隣接した「ユダヤ人地区」です。かつてのユダヤ人ゲットーで、中世以来の古い歴史があるエリアです。16世紀以降に栄えましたが、ナチスドイツの迫害により多くの住民が虐殺されてしまいました。現在はシナゴーグ(ユダヤ人集会所)を中心に、観光地として多くの旅行者を集めています。「ヨゼフォフ」と呼ば

LCCのスクート航空でシンガポールからベルリンへのロングフライト!果たして値段に見合っていた?
12〜13時間のLCC体験、やってみて初めて分かったことあれこれ! LCCは、世界中で年々利用客数を伸ばし、それに伴って長距離化も進みつつあります。2019年現在、日本からアメリカやヨーロッパなどに直行する便は未だ登場していませんが、いったん他の国へ出てからLCCで11時間以上の超長距離線に乗るなら、選択肢はいくらでもあります。今回は、シンガポール航空グループの格安航空会社「スクート航空」で、シン

チェコの世界遺産/プラハ旧市街に隣接したユダヤ人地区ヨゼフォフ。その歴史を知ろう
旧市街広場の北側にある「ユダヤ人地区」エリア 1992年に世界遺産登録されたチェコの「プラハ歴史地区」。旧市街を中心に、対岸のプラハ城やマラー・ストラナ地区などを含みますが、今回紹介するのはその中の旧市街に隣接した、「ヨゼフォフ」と呼ばれるユダヤ人地区です。ここにある旧新シナゴーグや旧ユダヤ人墓地などが、世界遺産の登録物件になっています。旧市街広場に隣接した北側の部分なので、旧市街の一部と言っても

チェコの世界遺産/仕掛けが動くのは毎正時!プラハ旧市街広場にある旧市庁舎と天文時計
旧市街広場にある旧市庁舎 世界遺産にも登録されている、チェコの首都プラハの歴史地区。中心となるのは、今も中世の面影を残す旧市街広場です。プラハの観光のスタートは、ここから始まると言っていいでしょう。この石畳の広場を囲んで、多くの歴史的な建造物がありますが、今回紹介するのは広場の西南側にある「旧市庁舎」です。旧市庁舎と言っても、実はいくつかの建物の集合体です。14世紀に建てられた建物を市が買い上げた

チェコの世界遺産/プラハ観光は旧市街広場から。ヤン・フスの像など歴史を示すモニュメントを見る
プラハの観光のスタートは、旧市街広場から 1992年に世界遺産登録された「プラハ歴史地区」。これはチェコの首都プラハの市街地のうち、旧市街とヴルダヴァ川対岸の丘の上にあるプラハ城のエリアで、中世から近世にかけて建てられた多くの歴史的建造物があります。今回紹介するのは、その旧市街の中心となる「旧市街広場」。他のヨーロッパの都市同様、プラハの町はメインとなる広場とそれに面した市庁舎や教会を中心に形作ら

【2019情報】開館200年を迎えて、リニューアルオープンしたプラハの国立博物館へ
プラハ中心部にある国立博物館 どの国の首都にも、その国を代表する国立博物館があります。チェコでは、それがプラハのヴァーツラフ広場の南端に面した国立博物館です。この博物館が開館したのは今から約200年前の1818年のこと。その当時のチェコはまだ独立国ではなく、「ボヘミア」というハプスブルグ帝国の一部でした。ただしプラハは学問の都として、中欧でも栄えている都市でした。当初の博物館の展示は自然科学系が中

【2019年記事】「ベルリン・テーゲル空港」は2020年に閉鎖予定。行ってみるなら今ですぞ!
ドイツの首都ベルリン。しかし!空港は意外にも簡素な造り……! 「ドイツの首都ベルリンの空港といえばさぞや立派な空港か」と思いきや、まさかこんなに小規模なところだったとは。ベルリン中心部のテーゲル空港に初めて降り立ち、私は唖然としました。2019年現在、ベルリンで使用されている空港はふたつ。歴史あるテンペルホーフ空港が2008年に閉鎖されて以来、テーゲル空港と郊外のシェーネフェルト空港のふたつが稼働


再検索してみる(検索ノート、グーグル検索)

(検索窓を新しく書き換えて再検索ボタンを押してください。)

検索ノート(クチコミ、動画、ブログ、ニュース等最新情報)

カスタム検索