海外旅行 最新情報 旅行オンライン予約 出張・チケット 国内旅行 ダイエット グルメ 音楽 転職 ファッション 携帯 テレビ 映画 ネットビジネス 教育・学習 健康・医療 スポーツ ゴルフ >

スコットランド旅行の話題 RSS

スコットランド旅行に関する話題・口コミを募集しています。

『 スコットランド旅行 』についての投稿記事はまだありません
あなたの記事を投稿しませんか?

▼お名前

▼タイトル*

▼コメント*

▼URL

▼メールアドレス(URL入力時のみ必須:非公開)

※文字を{}で囲むと赤大文字になります
※文字を[]で囲むと黄色背景になります


エイビーロードからのお知らせ

ハノイで王道屋台料理を清潔なレストランで。「レッド・ビーン・トレンディ」
大衆料理の定番グルメを扱う高級レストラン ベトナム旅行では、普段現地の人が食べている屋台料理だったり、食堂料理なども食べてみたいですね。旅行者が行くような小奇麗なレストランでは扱わない料理も多数ありますし、本当のベトナム料理を知る上でも貴重な体験となるはずです。しかし、アジア旅行に慣れていない方であれば、お腹を壊してしまったり、食中毒の不安から避けてしまう人も多いことでしょう。しかし、高級レストラ

オランダの古都でカジュアルにタイ・ストリートフード
見所の多い街アメルスフォールト ユトレヒト州第二の都市アメルスフォールト。アンティークで趣深い街並み、モンドリアンの出身地、充実したショッピングストリート、そして美味しい地ビールも楽しめる魅力的な街です。その他タイ式マッサージ店が現時点でなぜか州第一の都市ユトレヒトより多いのも実にユニークな点でしょう。タイ式マッサージ店同様にタイ料理レストランも何軒かあります。中でもお勧めなのは「ザ・ストリートフ

イギリス式庭園がお好きな人にオススメ。パリ14区のモンスーリ公園
1878年開園のイギリス式庭園 2月下旬、連日灰色で陰鬱な空模様から一転、フランスでは気温が上がり、小春日和の日が続きました。朝晩は寒いものの、昼間の気温は20度ほどまで上がり、コートを脱いで歩く人がちらほら。ふと思い立ち、パリ14区のモンスーリ公園に行きました。今回は筆者の大好きなこの公園のご紹介です。緑の憩いの場を作ろうとナポレオン3世とオスマン知事によって19世紀に作られたそうですが、なるほ

飛行機の機内オーディオプログラムは、要チェック! じっくりと音楽を試聴するチャンスです
ぜいたくな機内の時間 飛行機の中にいる時間って、なんだか特別だと思いませんか? 空の上という緊張感、高揚感、非日常感。そして、ありあまる時間。こんなにも長時間、じっとしていることは、あまりないですよね。何時間も同じ席にすわって過ごすのは、つらいときもあるけれど、楽しくもあります。ゆっくり本を読んだり、考え事をしたり、自分の好きなことをいくらでもできるという意味では、ぜいたくな時間ではないでしょうか

エーゲ海に囲まれたかつてのイオニア地方には観光スポットがいっぱい
イオニア式柱が生まれたアナトリア西南部 今日のイズミルからエーゲ海沿岸にかけての一帯は、かつてイオニア地方と呼ばれていた。イオニアと言えば、ギリシャ建築の柱を思い浮かべる。紀元前6世紀にギリシャ本土に住んでいたイオニア人がアナトリア西南部に移住して植民地を形成。そこで生まれたのが頭に渦巻き模様がある柱で、以後イオニア式と呼ばれた。この辺りはそれほど古い歴史と文化がある地方なのだ。イズミルの西、エー

勉強っぽくない、仕事っぽくない。ウクライナのノートブックがすごい!(後編) カバーの存在
ノートにつけるカバーがあった 「勉強っぽくない、仕事っぽくない。ウクライナのノートブックがすごい!(前編)」からのつづきです。ノートの種類が多いのは前から気づいていたのですが、今になって買う気になったきっかけ、それはノート専用のカバーを見つけたからです。日本だと本にブックカバーはつけても、ノートにカバーをつけることはあまりありませんよね。表紙、裏表紙ともしっかりした素材を使っているからでしょうか。

ビックリ! 3千円強の安くて快適なホテル 古都サラマンカを楽しむなら、泊まって損なし
世界遺産、美しいサラマンカの旧市街まで徒歩7分 マドリードから早い電車だと片道約1時間半のサラマンカ。ここはヨーロッパの最古の大学の1つサラマンカ大学がある学生街で、日本人もスペイン語を学ぶために訪れています。大学も含め、旧市街(ユネスコの世界遺産)には複数の建築様式があって、それらの装飾は「見事!」のひと言に尽きます。多くの建物には同じ石材が使われているため、色がベージュでほぼ統一されているのも

配慮が行き届いたチェコの筆記具専門店コヒノール
チェコの筆記具老舗がネルドヴァ通りにあった 文具、とくに鉛筆やペンなどのステーショナリーに関しては、ヨーロッパのメーカーというとドイツ製が主流なのではないだろうか。ステッドラー、ファーバーカステル、ロットリング、ラミー、モンブランなど、色鉛筆や蛍光マーカー、製図ペン、高級ボールペンなど世界的に有名なメーカーが色々あり、一般にも良く知られている。ところが意外なことに、チェコにはコヒノールという179


再検索してみる(検索ノート、グーグル検索)

(検索窓を新しく書き換えて再検索ボタンを押してください。)

検索ノート(クチコミ、動画、ブログ、ニュース等最新情報)

カスタム検索