海外旅行 最新情報 旅行オンライン予約 出張・チケット 国内旅行 ダイエット グルメ 音楽 転職 ファッション 携帯 テレビ 映画 ネットビジネス 教育・学習 健康・医療 スポーツ ゴルフ >

こんにちは、
皆さま、タイムマシーンに乗ってみたいと思いませんか?
実は、海外旅行がそれなんです。
日々の現実から離れて、
過去の世界を訪れたり、未来の様子を覗いたり・・・・・・できますね。
【時への旅】には、皆さま、それぞれの期待があります。
何を見たいのか、何を経験したいのか、いろいろですよね。
せっかく限られた時間でタイムマシーンに乗るのですから、
旅先でも、有意義な時間のためにお金も有意義な使い方をお勧めします。。。

このページの使い方のコツは、右上の検索窓を利用することです。 よろしくお願いいたします。


エイビーロードからのお知らせ

憧れのタヒチの水上バンガローも、ここなら手が届く!
タヒチは7月から受け入れスタート 新型コロナウイルス感染症に関連して、タヒチは2020年7月15日から、空路で訪れるすべての国からの観光客を、条件付きで受け入れを開始。条件は、国際線出発前3日以内に実施されたRT-PCR検査の陰性証明があり、電子旅行情報システムで事前に行う健康情報登録受領書を提示。タヒチ滞在中は、到着日から4日後に自己検査を実施すること。現地ホテルのPRの方のお話によると、欧米の

世界遺産の街がきらっきら! リヨン冬のお楽しみ
リヨンってどんなところ? パリからTGVで約2時間、フランスの真ん中に位置するリヨンはフランス第二の都市で、ローマ時代から栄えてきた古都でもあります。旧市街は世界遺産にも認定されているとあって、まるで絵画のような美しさ。ルネッサンス期の面影を残した街並みはただ散策するだけでも十分なアクティビティです。また、周辺地域から集まってくるさまざまな食材を用いた独特な食文化があり、「食の都」ともいわれていま

アップスケールなモダン・アメリカン・レストラン
職人技のフードとビールのペアリング 職人技のフードとクラフトビールが評判の、アップスケールなモダン・アメリカン・レストラン「Eagle Rock Brewery Public House(イーグルロック・ブルーワリー・パブリックハウス)」。親会社が品質の高いクラフトビールのメーカー「Eagle Rock Brewery(イーグルロック・ブルーワリー)」だから、地元で作ったビールはもちろん、日本酒、

険しい山に囲まれた!ピレネー山脈に点在する世界遺産、ボイ渓谷のロマネスク様式教会群
険しい山の景色が広がるボイ渓谷(VALLE DE BOI) スペインとフランスの国境となるピレネー山脈。その中で2000メートル以上の険しい山の景色が広がるボイ渓谷(VALLE DE BOI)はバルセロナから280km北西に位置し、ロマネスク教会群があることしられています。冬はスキーリゾートそして夏には大自然が体験できる避暑地として年間を通して楽しむことができます。このエリアには11〜12世紀ごろ

奇跡をもたらす“生ける仏像”たち。ミャンマー全土の4大マハムニ仏を巡る
仏陀が息を吹き込んだ“生ける仏像”マハムニ仏 「ミャンマーでもっとも有名な仏像」として、ガイドブックに紹介されることの多いマンダレーのマハムニ仏。しかし、ミャンマー人がマハムニ仏と呼ぶ特別な仏像は、実は4体ある。現在のラカイン州でかつて栄えたアラカン王国に、紀元前554年、仏陀が弟子たちと訪れた。仏陀の説法に感銘を受けたアラカンの王サンダースリヤが仏陀そっくりの像4体を造立すると、仏陀はそれらに息

メキシコのストリートフードを代表する「タコス・デ・カナスタ(Tacos de Canasta)」
安くて美味しいタコス・デ・カナスタ メキシコ料理を代表する「タコス」。しかし、タコスとひとことで言ってもタコスには非常に多くの種類があり、朝や昼にしか食べないタコスや夜にしか食べないタコスなど時間帯によって食べるタコスの種類もかわってきます。数多いタコスの中で今回ご紹介するのは、メキシコのストリートフードを代表するタコス・デ・カナスタ。カナスタは日本語で「籠」という意味で、タコス売りの人は籠に大量

ヘルシンキで地元の人が自慢したい店 Robert's Coffee Jugend (ロバーツコーヒー・ユーゲント)
フィンランドNo.1のコーヒーショップが極めた様式美 旅の友には落ち着いてほっと一息つけるカフェがかかせませんね。さらにその国オリジナルのちょっと特別なカフェ、コーヒーショップなら気分もパッと盛り上がることでしょう。北欧フィンランドにおけるそのようなカフェとしてのお勧めは、「Robert's Coffee (ロバーツコーヒー)」。「フィンランドのコーヒー王」と呼ばれたエドワード・パウリグの孫、ロバ

旅先でも食べたい中華ファンに朗報!本格飲茶「852 Hong Kong Cafe Restaurant」がオープン!!
本場の点心がトルコで食べられる幸せ メトロポールである割には、他都市と比べて中華料理店が少ないイスタンブール。この理由の一つにはトルコがイスラム圏であること、つまり豚食材があまり流通していない事が挙げられますが、我々アジアンとしては、たまには美味しい中華を食べたいもの。旅先であっても、無性に中華が食べたくなることありませんか?そんなトラベラーに朗報です!イスタンブールのアジアサイドで、2020年2


再検索してみる(検索ノート、グーグル検索)

(検索窓を新しく書き換えて再検索ボタンを押してください。)

検索ノート(クチコミ、動画、ブログ、ニュース等最新情報)

カスタム検索