海外旅行 最新情報 旅行オンライン予約 出張・チケット 国内旅行 ダイエット グルメ 音楽 転職 ファッション 携帯 テレビ 映画 ネットビジネス 教育・学習 健康・医療 スポーツ ゴルフ >

こんにちは、
皆さま、タイムマシーンに乗ってみたいと思いませんか?
実は、海外旅行がそれなんです。
日々の現実から離れて、
過去の世界を訪れたり、未来の様子を覗いたり・・・・・・できますね。
【時への旅】には、皆さま、それぞれの期待があります。
何を見たいのか、何を経験したいのか、いろいろですよね。
せっかく限られた時間でタイムマシーンに乗るのですから、
旅先でも、有意義な時間のためにお金も有意義な使い方をお勧めします。。。

このページの使い方のコツは、右上の検索窓を利用することです。 よろしくお願いいたします。


海外旅行とは

海外旅行 とは
海外旅行(かいがいりょこう)とは、外国(国外)を目的地とする旅行のこと。 日本は島国であり、日本人が国外へ行くには海を越える必要があるため、日本では、外国への旅行に関してこのように表現するのが一般的となっている。世界において、例えば英語では、日本における表現と類似したoverseas travelのほか、international travel(国際旅行)、traveling abroad(外国旅行)などが、海外旅行に相当する表現となる。旅行者の国籍または居住地を基準とした場合、国内を目的地とする国内旅行が対義語となる。また、国境における出入国の向きを基準とした場合、海外旅行はアウトバウンド旅行に相当するため、対義語はインバウンド旅行となる。 ここでは主に日本における海外旅行を記述する。 日本の海外旅行の歴史 海外旅行者第1号は幕末のジョン万次郎ではないかといわれている。正式には日本が近代国家として成立した明治時代以降になるが、いずれにしても一般市民には観光を目的とした海外旅行は無縁であった。

エイビーロードからのお知らせ

まるで真夏の夜の夢!一度は見たいエアフルト大聖堂前の野外劇
中世の香り漂う街エアフルト テューリンゲン州の州都エアフルトは、宗教改革を行ったマルティン・ルターや、作曲家バッハ一族ゆかりの長い歴史と豊富な文化を持つ中世の古都です。街のシンボルは、旧市街の高台に聳え立つ「エアフルト大聖堂(マリア教会)」。堂内装飾は、中世に造られたものとしては最大級のステンドグラスやマドンナ像などがあり、貴重な芸術品を見たいと観光客が絶えません。夜間はライトアップされ、隣接する

インカ版“胎内巡り”を体験!インカの祭祀場ケンコー
太陽、月、山、大地の神々を祀ったインカの祭祀場 2020年2月1日にご紹介した「サクサイワマン考古学公園」。およそ3000ヘクタールの広大なエリアには、サクサイワマン遺跡を始めとするインカ時代の遺構が数多く残っている。そのひとつが、ケチュア語で“迷宮”を意味する「QUENQO(ケンコー)」だ。標高3580mに位置するこの遺跡は、太陽、月、山、大地の神々を祀ったインカの祭祀場だったと考えられている。

新型コロナウイルスと戦いながら観光業再開したカンクン地方からの最新情報(7月5日)
感染拡大のピークがいつになるかわからないメキシコの現状 世界全土でいまだに感染拡大が続いている新型コロナウイルス。日本では感染拡大を防ぐことができましたが、第二派の到来が気になるこの頃です。メキシコでは7月5日現在も感染のピークが見られず、果たしていつまで感染者数増加の傾向が続くかが全く分からない状態にあります。一日の死者数も500人近くまで上がるなど、累計感染者数はまだ北米やイタリアなどには及ば

オランダの新型コロナウイルス感染症関連情報
オランダ国内の新型コロナウイルス感染症 オランダ国立公衆衛生環境研究所 (RIVM) によると、オランダ国内における新型コロナウイルスの流行は、2020年6月30日19時30分時点で感染者数が5万273人、死亡者数が6,113人になりました。2月27日に北ブラバント州のティルブルフで最初のケースが報告されて以降、感染者数は全国的に急増し、4月初頭には1日の感染者数が1,399人にのぼりました。一方

リンツの無形文化遺産認定カフェでリンツァートルテを楽しもう
赤スグリのジャムで作る名物ケーキ リンツァートルテというサクサクとしたケーキをご存じだろうか。中に赤いジャムが入っていて上面は格子状になっている三角形のケーキだ。パイではなく、小麦粉とアーモンドの粉を半々にした焼き菓子だが、パイのようにサクサクしている。オーストリアでは大変ポピュラーな菓子で、スーパーの菓子売り場に袋詰めのミニ版が売られているほど。赤いジャムはヨハニスベーレンJohannisbee

リブシェ伝説が伝えるヴィシェフラドはプラハ発祥の地
旧市街旧市庁舎に描かれたプラハの栄光 その昔、西スラヴの部族長クロクには息子がなく、娘のリブシェが父亡き後に国を治めていた。しかし民の中には女が長であることを不満に思う者がいることを知り、王に相応しい男と結婚してその者に国を治めさせることにした。リブシェには予言能力があったので、予言によってスタジツエ村で畑を耕していた男を婿に選ぶ。“耕す人”という意味のプシェミスルが男の家名になり、以後、プシェミ

1泊から楽しめる!バンメトートの見どころを回る
まだまだ秘境の穴場観光地「バンメトート」へ行こう バンメトートは外国人の間では認知度はあまりありませんが、複数の少数民族が市街地に暮らしているとあって、民族研究者にとっては世界的希少価値が高い都市として知られています。また、ベトナムのコーヒー文化を根付かせた巨大カフェチェーン店「チュングエン(Trung Nguyen)」が生まれた場所として、現在もコーヒー豆が特産となっています。旅行者にとっては秘

ウィーンの美術館/世紀末から表現主義へ。シーレやクリムト作品が充実した「レオポルド美術館」
ウィーンのミュージアムクオーターにある現代美術館 オーストリアの都ウィーン。ここには「芸術の都」と言われるように多くの美術館がありますが、今回紹介するのはレオポルド美術館です。旧市街を囲む「リンク」と呼ばれる外周道路沿い、企画展示が中心の現代美術館「MUMOK」、企画展示場の「クンストハレ」、レストラン、広場がある「ミュージアムクオーター」と呼ばれる一画に、この美術館はあります。レオポルド美術館の


再検索してみる(検索ノート、グーグル検索)

(検索窓を新しく書き換えて再検索ボタンを押してください。)

検索ノート(クチコミ、動画、ブログ、ニュース等最新情報)

カスタム検索